たくさんの水の種類がある

いつも飲んでいる水を選択

お店ではあまり見かけない珍しい水を、サイトで発見するかもしれません。
すると気になって購入してしまう人がいますが、災害用の水をよくわからない水にすることは控えてください。
水の種類によって、味が微妙に異なります。
好奇心で買った水は癖が強く、おいしくないと感じるかもしれません。

せっかく災害に備えて水を買ったのにそのような水では、飲む時にストレスを感じます。
普段通りおいしく飲めるように、飲み慣れた種類の水を買ってください。
いつもミネラルウォーターではなく水道水を飲んでいる人は、軟水を選択しましょう。
日本の水道に流れている水のほとんどは軟水ですし、軟水は硬水に比べて癖がないので誰でもおいしく飲めると思います。

定期的にチェックしよう

通販で水を購入したからもう大丈夫だと、油断しないでください。
ずっと前に買った水では、時間が経過してから災害が起こった頃に賞味期限が切れているかもしれません。
水にだって賞味期限はありますし、切れると次第に腐ります。
そのため水を備えたら、賞味期限をこまめに確認しましょう。
もう少しで賞味期限が切れる時は、飲んだり料理に使ったりしてください。

しっかり消費してから、再び新しい水を注文しましょう。
通販では、かなり安い水が販売されていることがあります。
お得に感じてすぐ注文する人が見られますが、賞味期限が短い訳あり商品になっているのかもしれません。
すると備えていても、すぐ消費しなければいけないのでお得ではありません。


この記事をシェアする