水道が止まってしまう可能性

水を使う機会が多い

ミネラルウォーターがあればもちろん飲料水になりますし、トイレや歯磨きなどにも活用できます。
トイレが使えなくなると困りますし、食べたら歯を磨かないと虫歯や感染症の原因になってしまいます。
災害時でも、できるだけ普段通りの生活を送れるように努力してください。
そのためには、普段から用意しておくことが大切です。

災害が起こったことを想定して、水を備えていれば困ることはありません。
また水を購入したら、すぐ取り出せる場所で保管しましょう。
せっかく買っても押入れの奥など、簡単に取り出せない場所にあったら意味がありません。
災害時は水道だけでなく、電気も使えなくなる恐れがあります。
周囲が暗い状態でも、すぐ水を取り出せる場所を探しましょう。

災害時で重要なこととは

誰でも災害が起こったら不安になりますし、パニックにもなる気持ちもわかります。
しかし、ずっとその状態を続けないでください。
1人が不安になると、周囲の人にも不安が伝染してしまいます。
慌てて行動した結果、命の危険にさらされるかもしれません。
早く冷静になって、正しい判断ができるようになってください。

自宅に水を備えていれば、飲料水の心配をすることはありません。
ですから、少しは落ち着けると思います。
水を飲んで冷静になったら、避難所に行くのか自宅で待っているのか考えてください。
他に家族がいる場合は、自分が無事であることも伝えましょう。
人間は水があれば生きていけるので、大きな災害が起こっても悲観的にならないでください。


この記事をシェアする